トップ > マムートのコンセプト

マムートのコンセプト

マムートは、ロープ工場の創業以来、ハンドメイドのロープを作り続けてきました。
創業者であるカスパー・タナーから息子へと受け継いだ1878年から、クライミングロープの製造が開始されたのです

その頃からマムートでは、『山の為に(アブソリュート アルパイン)』をコンセプトとしてクライミングロープの研究・開発が進められてきました
また、このコンセプトは、現在製造されているクライミングロープ以外のアイテムにも当てはめられているのです。
さらに、マムートは、コストカットにこだわることはしません。

価格は、他のアウトドアブランドに比べれば高くなってしまっているかもしれません

しかし、コストカットで品質をさげるよりも、高品質を納得したうえで購入してもらうことを考えています。
売り上げが高くなるよりも顧客満足度が高くなることを目標としていることも、マムートの品質の良さを表しているのでしょう
使った人が人生に幸せを感じられることこそがマムートの願いなのだそうですよ。

前の記事 | 次の記事

関連記事